グルコサミン コンドロイチン ヒアルロン酸の効果について

グルコサミン コンドロイチン ヒアルロン酸の効果について

30歳を過ぎる頃から、肌の衰えを感じはじめ、40歳の半ばくらいから、腰痛や関節痛に悩まされるようになりました。
そこで、様々なデータを調べて、骨の状態を良くするサプリメントを飲むことにしました。

 

腰痛や関節痛に効果のあるサプリメントを調べていると、グルコサミンとコンドロイチンという成分がよく出てきます。

 

グルコサミンは、関節の軟骨の成分です。
軟骨には、骨の動きをスムーズにする役割があり、人間の基本動作にとって重要な部分です。

 

コンドロイチンは、皮膚にも存在していますが、軟骨にも存在します。

 

グルコサミンとコンドロイチンは、両方とも軟骨の動きを正常にするために欠かせないということで、この2つのサプリメントを取ることにしました。
すると、体が冷えると出てくる関節の痛みの症状が、かなり良くなったのです。

 

長時間のデスクワークを終えると、膝が痛んで困っていたのですが、夕方になっても膝が痛むことがなくなりました。
今では、2つのサプリメントに加えて、ヒアルロン酸も飲んでいます。

 

ヒアルロン酸には、軟骨や関節液の水分を保つ作用があるのです。
しかも、肌の水分を保つことで、肌を乾燥や刺激から守ってくれるので、一石二鳥です。